葉酸とつわり時の対策

葉酸摂って、つわりを乗り越える

つわりでも、喉を通る葉酸があると助かります!

 

葉酸

 

つわりで思うように食事がとれない・・・。
胎児は、7週目までに中枢神経系の神経管が形成され、11週目までには頭、胴体、足ができてきます。
この大切な時期こそ葉酸摂取が欠かせません。
※妊婦は1日当たり400μg(0.4r)の葉酸を摂ることを推奨(厚生労働省)。
基本は、いろんな食品からバランスよく栄養を摂るのが理想です。
葉酸を多く含んでいる野菜と言えば、めキャベツ、アスパラガス、ケールなどがあります。
これらの食品は妊娠前でも、妊娠中でも、いつ食べてもいいので安心です。
でも、食べづわりだと、食べたくても喉を通らない辛さがあります。

 

まずは、サプリ(栄養補助食品)で摂取しましょう。
※厚生労働省では、食事からの葉酸に加えて、栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告しています。

 

 

葉酸はいつから、いつまで摂れば?

エクスクラメーション妊娠前から摂らないと意味がないの?
エクスクラメーション葉酸をいつから摂ればいいの?
エクスクラメーションいつまで摂ればいいの?
葉酸は、妊娠前からしっかり摂っておきたい栄養素です。
ですので、妊娠前から摂るのが理想的ですが、妊娠後もしっかりと摂りましょう。
特に、胎盤ができるまでの時期が重要と言われています。
葉酸は新陳代謝や細胞分裂に欠かせません。
「赤ちゃんのビタミン」と言われるくらい、胎児にとって大切なものです。
胎児の活発な細胞分裂による葉酸消費量が増えるときこそ、サプリで補充しましょう。
※「1日400μg(0.4r)の葉酸摂取で、神経管閉鎖障害の発症リスクの低減が期待できる」と言われています。
※厚生労働省では、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間での、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事の必要性を唱えています。

 

つわり

 

※つわりより重い症状に、妊娠悪阻があります。
水さえ嘔吐してしまう人もいるくらいで、脱水症状になる場合もありますので、病院で治療を受けることが大切です。

 

つわりの時の葉酸

つわりがひどくて、食事が喉を通らないとき、飲み込める葉酸サプリがあると助かります。
でも、たくさんの種類からどれを選べばいいのか?迷います。
また、においや大きさで喉を通らなかったら困ります。
その悩みを解決してくるサプリがあります!!

 

サプリ

 

つわりでも飲める葉酸

つわりでも飲みやすい工夫がされている「ママニック葉酸サプリ」がおススメです!

直径9oで、飲みやすい。
香りを抑えたコーティング。
持ち運びが便利なボトル。

工夫

 

ママニック葉酸サプリは、厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型葉酸(※)を使用。
利用効率が85%以上だから、しっかり摂れます。
モノグリタミン

ママニックは葉酸に加えて、鉄分・カルシウム・ビタミンB6、ミネラルなどを配合。

※野菜や果物に含まれる葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸として存在します。
※ポリグルタミン酸型葉酸は代謝の過程で影響を受けるので、「生体利用効率は全体の50%」と言われています。

 

ママニック葉酸サプリを見てみる。

 

葉酸サプリの安全性は?

ママニック葉酸サプリは、医薬品レベルの工場で生産され、放射能試験、残留農薬試験を通って出荷されるから安心です。

 

生産

 

安全性

 

商品

 

送料無料で15日間返金保証。
合わないときは、15日以内なら商品代金を返金。

 

今すぐ始めましょう!

 

>>ママニック葉酸サプリはコチラ<<

 

 

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だといわれているのです。この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、葉酸は妊婦にとって多様な効果をもたらしてくれる心強い味方です。
とりわけて先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も重要なポイントだと言えます。

 

こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画をたてている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大事だと思います。
毎日の葉酸摂取を手軽に行ないたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。

 

冷え性は不妊を招くといわれているのです。体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下することに繋がります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、体全体をリラックスさせる効果があります。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大事です。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。